横浜銀行住宅ローン

横浜銀行住宅ローンの金利タイプ別の違いとは?

こちらでは、横浜銀行の住宅ローンのローン金利タイプについてご紹介したいと思います。

 

 

横浜銀行が独自に提供している住宅ローンの金利タイプは大きく分けて、下記の3種類です。

 

 

 変動金利型

 

変動金利型という名前がついていますが、実際は、変動金利と固定金利指定型3年・5年・10年から金利タイプを選ぶことができます。

 

変動金利タイプから固定金利指定タイプへは、任意のタイミングで移行することができますが、固定金利指定タイプを選択している場合、固定金利期間が終了した時点で、変動金利タイプや固定金利指定タイプを選択することができます。

 

 

変動金利タイプを選択している場合、ローン金利を年2回(4月1日と10月1日)の頻度で見直します。

 

しかし、月々の返済額は約5年が経過するまで(10月1日の金利見直しを5回経過するまで)変わりません。

 

また、10月1日を5回経過するごとに見直す住宅ローン金利は、見直し前の1.25倍を超えない範囲で設定されます。

 

このような措置により、変動金利といえども、急激に住宅ローン金利が変動しないようになっています。

 

 

しかし、実際の住宅ローン金利が大きく変動している場合、金利見直しによって1.25倍まで適用金利が上がらないと、月々の返済の中で元金の返済よりも利息の返済が相対的に多く含まれて、元金が思うように減らなかったり、月々の返済では利息の返済すら賄えない、いわゆる未払利息が発生する事態に陥ったりする可能性があります。

 

そのような状態では、実際の住宅ローンの金利と適用される金利に差があるために、ローンの最終返済日がきても、住宅ローンが完済されない場合もありますので、注意が必要です。

 

ローンの最終返済日に未返済残高がある場合には、原則として、最終返済日に一括で返済しなければなりません。

 

 

 固定金利型

 

横浜銀行の提供している固定金利型は、固定期間が10年以上20年以内となります。

 

さらに、住宅ローンの返済期間と金利を固定する期間を同じにしなければならないという制限がありますので、住宅ローンの返済期間も10年以上20年以内となります。

 

住宅ローンの返済期間中に、住宅ローン金利の見直しはありません。

 

借り入れ額は最大1億円になっており、金利タイプ以外の条件は、上記の変動金利型とほぼ同じになっています。

 

 

 超長期固定金利型

 

横浜銀行の提供している固定金利型は、借り入れ期間が20年以上35年以内となっています。

 

住宅ローンの返済期間中に、住宅ローン金利の見直しはなく、一見、上記の固定金利型との違いがわかりにくいですが、借り入れ額は最大8000万円となっていたり、借り入れの際には年収が400万円以上という制限が課せられていたり、やや条件が厳しくなっています。


 


銀行借り換え参考サイト