横浜銀行住宅ローン

フラット35にすると、どんなメリットがある?誰でも申し込める?

こちらでは、横浜銀行が提供する住宅ローンの中で、フラット35についてご紹介したいと思います。

 

 

フラット35とは、住宅金融支援機構が民間の金融機関と提携して提供している住宅ローンです。

 

フラット35のフラットは、ローン返済期間中金利が変化せずフラットであることを示し、フラット35の35は、最長のローン返済期間が35年であることを示します。

 

従って、35年間の長期に渡って住宅ローン金利が変化しない、超長期固定金利型の住宅ローンです。

 

 

フラット35のローン申込者は横浜銀行に申し込みます。

 

横浜銀行は住宅金融支援機構に住宅ローンの債権を譲渡します。

 

横浜銀行は買取代金から、ローン申込者に融資を行います。

 

一方、住宅金融支援機構に買い取られた住宅ローンの債権は、信託銀行に信託して証券化します。

 

その証券に投資家が投資することによって資金を調達するわけです。

 

ローン債務者が支払う元金や利息から得られる利益の一部は横浜銀行・住宅金融支援機構を介して投資家に還元されます。

 

このような流れによって、比較的低金利で長期間固定できる住宅ローンの仕組みが作られています。

 

 

また、フラット35では、住宅金融支援機構が指定する検査機関によって、融資の対象となる住宅が一定の技術基準を満足していることを検査され、検査に合格することが条件の一つになっていることも、一般の住宅ローンと大きく異なる点です。

 

 

フラット35では、最大融資金額が8000万円となっています。

 

基本的に、ローンの対象となる住宅の購入金額や建設金額の90%まで融資が可能です。

 

しかし、住宅の性能によっては、100%まで融資を受けることができます。

 

また、住宅ローンに関する諸費用についても領収書などで証明ができるものについては、住宅の購入金額や建設金額の90%を超えて(住宅の性能によっては100%を超えて)融資対象とすることができます。

 

 

フラット35によって、借り換えを行う場合には、対象となる住宅ローンの残高、または住宅金融支援機構による担保評価額の200%のいずれか低い金額まで融資を受けることができます。

 

しかし、当初の住宅ローンの借り入れ金額が100万円以上8000万円以下で、当初の住宅の購入価格や建設価格の100%以内である必要があります。

 

 

一般的に、フラット35では団体信用生命保険への加入は任意とされていますが、横浜銀行の提供するフラット35では、原則として住宅金融支援機構所定の団体信用生命保険、いわゆる機構団信、に加入する必要があります。

 

また、3大疾病特約を付けることも可能です。

 

 

繰り上げ返済については、100万円以上の返済金額が必要ですが、繰り上げ返済手数料は無料になっています。


 

関連サイトはこちら

フラット35審査通りやすい
実際にフラット35は審査基準が甘く借りやすいのでしょうか?住宅ローン審査の通りやすさについて調べました。